薄毛の方の髪を乾かす方法

薄毛の洗髪後対策

育毛剤

ドライヤーで薄毛を予防する方法

ドライヤーは坊主頭の人以外であれば、洗髪後に髪を乾かすために使用するものですが、間違った使い方をしていれば抜け毛や薄毛の原因ともなり得ます。正しい髪の毛の乾かし方は、シャンプー後にしっかりとタオルドライをしておくことです。髪の毛の水分をできるだけ拭き取っていれば髪に熱を加える時間も短縮できるので、頭皮や髪へのダメージが軽減されます。頭皮は濡れていると雑菌が繁殖しやすくなり、抜け毛や薄毛の原因となってしまうため頭皮から乾かしていくことが対策として必要です。ドライヤーの風は直接あてるのではなく、必ず10cm以上は離して使用するように心がけましょう。

ドライヤーを使った対策

薄毛に対して発毛剤や育毛剤だけを用いた対策を行うだけでは、万全な策を行っているとは言えません。医薬品を使って効果を出すには、日頃からの生活習慣も大きな意味を持つことになります。それらを行って効果的な対策をするようにしましょう。薄毛は頭皮の環境にも気遣うべきです。特に髪を洗ったままそのままの状態で寝ていたりする人は気を付けましょう。そのままの状態にしておくと頭皮で雑菌が繁殖する原因にもなってしまいます。ドライヤーを使ってしっかり乾かしてから就寝するようにしてください。面倒くさいというのは、悪い環境を作ってしまうこともあります。

↑PAGE TOP